産後ダイエットを実践する際の注意点

「美容」は女性とって「一大事」であり、
年をとっても、一生気になる「永遠の嗜み」であることに間違いありません。

そして美容に関して最も「崩れる」タイミングが、出産にまつわる過程であり
無我夢中の時は気付かないことでも、出産後に冷静になってしまい急に焦り始めることも多いと思います。

「早く元に戻したい!」と、急いでしまう人も多いですが
「健康」を損なうことは、絶対にあってはならないことです。

そして、忘れてはいけないことが「育児」という
「何よりも大切なミッション」をおろそかにしてはなりません。

  • 自分の健康を保つことができるのか
  • 赤ちゃんのお世話をしっかりできるか

この2つを前提に、進めていかなければならず
これらに余裕も持ってできないのであれば、まだボディケアをする段階には早いかもしれません。

そこでここでは、産後ダイエットを成功させる過程で
注意しなければならないことを、まとめておきたいと思います。

「早急な結果」は求めない

「痩せる」といった明確な目標のあるダイエットは、ついつい結果を求めがちです。

無理な運動や、過度な食事制限などによって

  • 栄養が足りなくなり、母乳が出なくなってしまったり
  • 体調が悪くなって、育児が出来なくなってしまったり

様々な弊害が見られる女性もいます。

最も大切なことは、自分と赤ちゃんの健康です。

出産後の女性の体は妊娠前はもちろん、妊娠中とも機能に違いが出てきます。

その中でも、最も注意しなければならないことが水分補給です。

産後ダイエットにおいて、最も注意すべきポイントです。

とにかく水分補給を意識する

授乳するだけでも、大量の水分が体から出ていきますが
ダイエットに付随するエクササイズや、半身入浴などによって更に水分が排出されます。

妊娠中は体に水分を留めるために尿や汗の量が少なくなっていましたが、出産後は”排出”に傾くことになります。

妊娠前・妊娠中以上の水分補給が必要になります。

それに伴って、体液の濃度を調整する「ミネラル」の補給も意識していきましょう。

繰り返しになりますが、まずが何よりも健康を第一に考えて
不調を感じるようなことがあれば、すぐに中止しましょう。

ママの体調は赤ちゃんの体調でもあり、母乳が出なくなるような事態になってしまった場合
赤ちゃんの発育にも影響を及ぼすことになります。

むしろ産後に乱れた健康の波を元に戻すことによって、産後ダイエットはより進展します。

健康であることは、痩せやすいことでもあるのです。

「栄養不足」は絶対に避ける

確実に痩せる方法としては、

「何も食べない」

更に結果を求めるのであれば、

「何も食べないで運動する」

理解しているかとは思いますが、絶対にやってはいけないダイエット法になります。

一般的な女性であっても、非常に危険な方法であり

出産間もない、育児中の女性にとっては”ご法度”です。

確かに短期間の「断食(ファスティング)」は、健康面・美容面に有効な場合もありますが
<授乳>を伴う、育児中は基本的にはやってはいけません。

むしろ、できるだけ多くの種類の栄養素を摂取することを心がけ
「食べることも健康とダイエットのため」と考えましょう。

痩せることは太ることよりもはるかに難しいことであり、最初はなかなか結果が出てこないことも多いです。

そんな時に、焦ってしまうことは当然のことではありますが
食べる量を極端に減らす、ということは止めましょう。

また少し効果が出始めると、とたんに”調子に乗ってしまう”ことは珍しくなく
より過激なダイエットをしてしまう傾向が、女性にはあります。

結果が出始めた時こそ、落ち着いて様子を見ましょう。

赤ちゃんと家族が最優先

そして産後ダイエットを進めるにあたり、最も注意すべきことが
「家族との時間を犠牲にしない」ということです。

ダイエットとは、自分本位な行動でもあります。

パートナーとのコミュニケーションをおろそかにしない

ということができる状況で進めなければなりません。

一番大切な時期に、ママが自分の美容のために
赤ちゃん・家族を放置することは、あってはならないことです。

いよいよ産後ダイエットを始めてみる

産後ダイエット成功の秘訣
タイトルとURLをコピーしました