産後の「妊娠線」の解消のコツ

産後ダイエットの実践

出産後の「勲章」とも言える「妊娠線」
どの妊婦さんにも、等しくリスクのあるものになります。

非常に個人差が大きいものですが、人によって深刻なほどになってしまうこともあります。

妊娠後に、お腹が膨れるのは当然のことであり
”短期間の皮膚の収縮”こそが、妊娠線(肉割れ)を発生させてしまう要因であるためです。

この妊娠線は、いわゆる「肉割れ」と呼ばれるものと同じく
皮膚の繊維が裂けてしまったことによって、表面に痕となって徐々に定着していきます。

この一連の動きが、ある意味「強制的」に「より短期間に」起きてしまうのが妊娠過程であり
一般的な生活とは比べられないほど、リスクが上昇します。

特に、妊娠中期からの「本来の皮膚の限界」を超えて
お腹が膨らんでいくことによって、肉割れが起き始めます。

実際に「裂けて」いる部分は、肌(表皮)・肉中の
「コラーゲン部」であり、その部分から「水分」が蒸発することによって
水分が抜けてしまった細胞が白く見え、定着していくことになります。

人によっては「赤黒く」なってしまうこともあり、「スイカ」のような状態になってしまう人もいます。

注意するべきは「下腹」だけではない

皮膚が伸びることにつながるパーツは、その全てに妊娠線のリスクが発生することになります。

主に「下腹」が注目されることが多いですが、「お尻」や「太もも」といった
胎児の成長とは関係なさそうな部分にも、できるものでもあります。

妊娠線のケアというのは、「予防」が大きな鍵を握るものであり
できてしまった後には、改善できる範囲が狭まってしまいます。

だからこそ、できやすい場所を要注意パーツとして
日々、発見・ケアができるように注意しておく必要があります。

女性の太り方というのは、男性に比べて”ふっくら”して見える
表現を変えれば、「全体的に膨張しやすい」傾向が見られ
その分、膨らむ(収縮が起きる)リスクの高いパーツが多いのです。

妊娠以降の体の変化は、お腹がだけが膨らんでいくわけではなく
栄養素をため込むため、基本的に全身が太りやすくなります。

「妊娠線(肉割れ)が起きる原因・メカニズムは
皮膚を構成する何枚もの「皮下組織」の各階層の
「急激」な「伸縮」が大きな要因となっています。

急激なダイエットによって肉割れが起こりやすいことは、広く知られていることでもあります。

張り詰めている間は、裂けた部分は見えませんが
これが、再度急激に痩せることによって、姿を現します。

「どこ」ではなく全身に注意すべき問題であり、その中でも下っ腹以外の場所であれば

  • 二の腕
  • お尻

特に、「皮膚が薄くなっている場所」に注意すべきです。

「皮膚が薄い場所」というのは、具体的には上記した部分の
その中でも「骨までの厚み」が少ない部分であり、手で触った際に骨盤が確認できるような部分です。

こういったピンポイントの場所というのは、骨が「梃(てこ)」のようになり
皮膚が引っ張られやすいこと、更に皮膚が薄いことで細胞が断裂しやすいことが挙げられます。

特に腰の裏、腰を曲げた際に「頂点」となる部分は要注意です。

可能な限り早くケアを始める

こういった美容に関する問題は、「いつまでならよくなるのか?」という疑問がつきものです。

しかしながら、全ての問題に関して「早ければ早い方がよい」と言えるものであり
その中でも妊娠線に関しては、特に分量の蒸発が関わっている
緊急性が高い問題であり、早急な処置が何よりも重要になります。

本来であれば妊娠中から始めるべきケアであり、”できてしまってから”では難しいことが現実です。

しかしながら、<定着>する前に「保湿成分」を含んだ
クリームを利用することで、幹部を最小限に抑えることができます。



とにかく、「見つけ次第対処」が大切であり
「見た目」を中心として、衣服のフィッティングといった
毎日の変化から、「予測」をしていくことも大切になります。

難しいけどやるしかない

肉割れの改善は、原因となっている肌の奥の「失われた水分」を取り戻してあげることが大切です。

更に肌の「新陳代謝(ターンオーバー)」によって、痕になってしまった部分を押し出し
新しい「健康な」組織を、表面に出してあげることが必要です。

口からの十分な水分の摂取は、その両方を促進するためにまず欠かせないものであり
肌に水分を保つためのサポート成分である、「ビタミンC」も意識して摂取したいものです。

また「便秘」の解消といった「代謝」に影響する、各種症状の改善も同時に行う必要があります。

すでにてしまった妊娠線を完全に除去して、元の表皮の状態に戻すのは非常に困難です。

予防が重要な症状であり、まずは最小限に抑えることが本来であれば必要なことです。

しかし、このサイトを見ている「産後」の方の場合
より効率よく改善していくためには妊娠線・肉割れの専用ケアクリームが欠かせません。

またもし現在妊娠中の女性が、このサイトを見てくださっているのであれば
”今すぐ”にケアを始めることを、ぜひおすすめします。

結婚式の準備のためのアドバイスサイト

タイトルとURLをコピーしました