産後の減量に効果的なおすすめの「置き換えダイエット」の進め方

「食事」を「酵素ドリンク」や「スムージー」に置き換える、「置き換えダイエット」
その行為自体に「総摂取カロリー」の削減という効果がありますが、
置き換える「タイミング」を工夫することで、より大きな効果を得ることができます。

体のこと・健康のことを考えることにもつながるため、体調を管理する面でも非常に重要なことになります。

「置き換え」を行う最も効果の高いタイミングとしては、
つまり、減量に対して最も効果的なタイミングは「夕食」になります。

夕食を「酵素ドリンク」もしくは「スムージー」に置き換えます。

「育児」には、やらなければいけないことがたくさんあり
もちろん「中夜問わず」ということになりますが、
やはり、日中に比べれば、夜間に必要なエネルギーは少ないはずです。

そのため摂取カロリーの削減が最も重要であり、効果的なタイミングになります。

様子を見て「2回」置き換えることも

しかし「夜間の授乳」が必要な時期や、「夜泣き」の時期などには
お腹がすく・力が出ないといったことになる場合もあります。

そういった場合には、「もう一度飲む」という選択肢もありです。

通常の夕食を食べるよりは、時間を空けて2回飲んだ方が
「エネルギー効率」的にも「空腹感」的にも、有意義になります。

「飲み過ぎ」はいいことではありませんが、これらのアイテムは「薬」ではなく
「食品」であるため、基本的にはいくら飲んでも問題ありません。

「朝食代わり」はおすすめできない

意外と思われるかもしれませんが、
「ドリンク型アイテム」を朝に摂取することはおすすめできません。

「朝食代わりに」ということが、推奨されているのを目にすることもあると思いますが
寝起きに、体を冷やすものを摂取することはなるべく避けましょう。

「代謝が落ちる」と共に、「冷え性」の要因にもなり
まだ不安定なホルモンバランスが、崩れてしまうことにつながります。

「お湯」や「温かいミルク」に溶かすこともできますが、「味覚的」にちょっと・・・となる傾向があります。

また「午前中」からエネルギーは必要なものであり、「朝はしっかり」という習慣が大切になります。

「酵素ドリンク」で置き換えダイエットを始める

「スムージー」で置き換えダイエットを始める

過度に無理する必要はない

そもそも、置き換えダイエットを取り入れている時点で
1日のカロリーの総摂取カロリーは減っているため、無理して神経質にタイミングを守る必要はありません。

あくまで理想であり、「こうしなければ」ならない訳ではありません。

「自分のタイミング」を見つけましょう。

また、いくら「腹持ち」がいいと言っても
時間が経つにつれ、やはり固形物・炭水化物の誘惑が強くなってきます。

無理して我慢することで、「ストレス」が蓄積してしまい
「反動」が強まってしまう可能性も高いため、無理をせず”たまには”許してあげることも必要です。

その際に、「就寝前3時間は食べない」というルールだけはしっかりと守っていきましょう。

「これだけは絶対」というものが、必要な場合もあります。

タイトルとURLをコピーしました