産後ダイエットはいつから始めて大丈夫なの?早く始めたい気持ちを一度ストップ!

産後ダイエットの実践

産後ダイエットは、産後6ヶ月目までが勝負だと言われています。

短期間で増加した体重は、短期間で減少させやすいためです。

”必要なくなったもの”が、体に定着しないうちに落としていきましょう。

そうは言っても、出産は今までに無いほどの体力を使うイベントであり
出産後間もない時期は体調も戻っておらず、免疫力も低くなっている状態です。

絶対に無理はせず、まずは体力を戻すことを優先させましょう。

自分の体調を冷静に見極める

妊娠後は、出産の育児のための体を作るために
特定の女性ホルモンが増加し、水分や脂肪を溜め込みやすい傾向があります。

それに加え、赤ちゃんを育てるために食欲も増進し
妊娠前よりも、つい間食や過食する傾向があったと思います。

それは、ある意味仕方がないことと言えます。

”焦り”は禁物であり、早い時期であればあるほど
「体調」に注意しなければならず、同時に赤ちゃんのお世話も

非常に重要な・警戒が必要な時期でもあります。

というよりも、産後1ヶ月間は忙し過ぎて「ダイエットどころではない」はずです。

しばらくしてから、自分の「スタイル」に対して真剣に向き合える方が大半であると思われます。

たとえ出産前から、産後ダイエットに関して
意識していた人であっても、頭からすっとんでいることでしょう。

そのため、まずは「体力を戻す」こと「育児とどう両立していくか」といった
産後ダイエットを実践する際の注意点や、ダイエットの「計画」を考えていくことが
産後1ヶ月経つまでのできること・最初の目標となります。

十分な栄養摂取を心掛ける

出産後は、「1日3食」のしっかりとした食生活を心がけ
間食や不規則な時間帯の飲食は、極力控えていきましょう。

通常の食生活だけでも、育児するための体力と母乳を出すための栄養素をしっかり摂取します。

妊娠前の体力が戻すことを優先し、通常の食生活と言える1日3食をしっかり摂り
一般的な食生活を継続しながら、体力の回復を待ちましょう。

体力が戻ってからではないと、食事制限を含めたダイエットというのは危険を伴うことになります。

産後1ヵ月後~6ヶ月の、実質5ヶ月間が産後ダイエットの正念場と考えて
この期間の中で、その後の体系や体質がある程度固定されてしまいます。

まずはしっかり体力を付けて、本格的な産後ダイエットに備えましょう。

「ママの仕事」を覚える時期

何と言っても、ママの最優先事項は<育児>です。

産後6ヶ月は、ダイエットのチャンスであると共に、「授乳」の回数がまだ多い時期の場合もあります。

授乳は非常にエネルギーを使う行為であり、スムーズな授乳はダイエットのサポートでもあり
また赤ちゃんの健康・免疫力の向上にもつながるため、しっかりとした授乳習慣を作っていきましょう。

授乳を中心とした、赤ちゃんの「活リズムを作っていくことは
産後ダイエットの計画を立てる際にも、有効なことになります。

繰り返しになりますが、産後間もない時期において
最も注しなければならないことは、自分自身の体調です。

出産というのは、「ものすごい」エネルギーを使うイベントであり
自分が思っているよりも、体はダメージを受けているはずです。

最も変わった「見た目」だけでなく、ホルモンバランスに関しても
劇的に変化しており、非常に注意が必要な時期でもあります。

そういった自分の体が、出産前・妊娠前と比べてどう変わったのか、どのくらいで回復するのか
どの程度の負担をかけることができるのかということを、しっかりと分析していくことが必要です。

産後の最初の1ヶ月間にできること・することのまとめ

産後1ヶ月が経つまでは、

  • 赤ちゃんのお世話「育児」に慣れる
  • 赤ちゃんと自分の生活リズムを作っていく
  • 自分の体の状態を・変化を分析する
  • 自分の体力を回復させる

以上を意識して、しっかりと準備していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました