産後のストレスの解消方法

Uncategorized

赤ちゃんはかわいく、いつも一緒にいることは何よりも幸せなことには違いありませんが
まだ幼いがゆえに、どうすることもできないことも多く
「育児」と「ストレス」は切っても切れない関係です。

喜びと引き換えに「つわり」や「陣痛」に耐えてきたママも
どうしようもなく、イライラしてしまうシーンはあるはずです。

つい「手をあげて」しまい激しく後悔してしまった・・・

そんな経験がある、これからすることとなるママさんは珍しくありません。

赤ちゃんに対するストレスを、パートナーであるパパに向けてしまうことも多いようで
夫婦の関係がこじれる大きな原因にもなっています。

また、育児ノイローゼにならないためにも早めの適切な対策が必要です。

ダイエットにフルコミットするためにも、自分なりのストレスの解消法を手に入れおきましょう。

自分だけではないけど・・・他のママはどうしてるんだろう?

「こんなに悩んでいるのは自分だけなんじゃないかな?」

と不安になるのが人間だと思います。

もちろん、決して”自分だけではない”ことは事実です。

まずは安心して、そして他のおかあさんがどうやってストレスを解消しているのか参考にしてみましょう。

やけ食い

特に授乳期であったりと、お腹がすきやすい女性はこの傾向があるようです。

「好きなものを好きなだけ食べる」というのは、脳科学的にもストレスを軽減するのに有効です。

体を壊さない程度で、ストレスを軽減できるのであれば悪いことではないと思います・・・

当サイトをご覧のママさんは、絶対に厳禁です。

1人の時間を作る

実家で預かってもらったりなどして、1人の時間を作ることも非常に有効です。

しかし「泣き声が聞こえない」ということは、楽になる反面、不安になってしまうこともあります。

できれば目の届く場所・様子が分かる状況で、静かに1人になることをおすすめします。

育児のストレスを解消するための適切な方法とは

上記に挙げた例は、人それぞれであり、一長一短でもあります。

本来は、できるだけ適切な方法をとるべきであると考えます。

相談する

ありきたりなことではありますが・・・

パートナーだけでなく、自分を育ててくれた
お父さん・お母さんに相談することで、ストレスの軽減は多少なりともできるはずです。

弱音を吐くのことは、恥ずかしいことではありません。

言いたいことを言って、サポートしてもらえるように状況を変えていきましょう。

一緒に寝る

赤ちゃんが寝ている間に自分も一緒に寝てしまうことで、心身共に休むことができます。

「家事ができなくなる」というデメリットもあるため、ここでもパートナーのサポートは必要です。

ストレスを感じるのは当たり前

ストレスを感じることに対して、

  • 赤ちゃんに申し訳ない
  • 恥ずかしい
  • 「母親失格」と思われるのではないか

そういった思いがあり、人に相談したりと前向きに解消することができないママが多いようです。

特に「核家族」と呼ばれる、親と子(赤ちゃん)だけの世帯が増加していることもあり
相談する相手がいないことから、「1日中赤ちゃんと1対1で向き合うしかない」という状況になりがちです。

雑誌などのメディアでは、オシャレで充実した
「何の問題もなさそうな親子」を目にすることも多いかもしれませんが・・・

そんな訳ありません。

育児は本当に大変なことであり

ストレスでおかしくなりそうになった経験は

どんなママさんにも、必ずあるはずです。

もう一度、大変なのは・悩んでいるのは「自分だけではない」と考えることが大切です。

タイトルとURLをコピーしました